初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。 メール:fkc07@hotmail.com メール📩 fukuda007@gmail.com 携帯=(855)6666 4567
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンコールワット個人 ツアー

皆さん、こんにちは。 私はカンボジアの観光旅行者をご案内しているトムです。 私は日本語、書くことも読むことも話すこともできます。 気軽にお知らせください。 日本の方に人気な、アンコールワット、しっかりご案内しますよ メール:fkc07@hotmail.com 電話📞(855)6666 4567

アンコールワット個人 ツアー(120) アンコールワット 個人ガイド [コーケー 歴史] コーケー遺跡群観光ツアー コーケー ガイド

コーケー ガイド

f:id:bunrath:20170330101338j:image

コーケー ガイド

コーケー遺跡群のプラサート プラム

f:id:bunrath:20170330101414j:image

シエムリアップ〜コーケー遺跡群

f:id:bunrath:20170330101440j:image

コーケー ガイド

コーケー遺跡のピラミッド型寺院

プラサート トム

f:id:bunrath:20170330101514j:image

コーケー ガイド

リンガ寺院

f:id:bunrath:20170330101535j:image

コーケー ガイド

コーケー遺跡群の寺院

f:id:bunrath:20170330101617j:image

コーケー ガイド

コーケー遺跡のピラミッド型寺院から景色

f:id:bunrath:20170330101645j:image

コーケー ガイド

村の小学校

f:id:bunrath:20170330101709j:image

コーケー ガイド

コーケー遺跡群

f:id:bunrath:20170330101755j:image

コーケー ガイド

ピラミッド型寺院

f:id:bunrath:20170330101820j:image

コーケー ガイド

村の小学校に来ました。

**********************************************

コーケー 歴史]
コーケー ガイド
コーケー ツアー
コーケー遺跡観光
[アンコール遺跡群の観光 おすすめ 観光ツアー ]

@@@@@
➖コーケー遺跡群はアンコール時代よりアンコール ワットからジャヤバルマン四世王によって新しい都市を建設された。
コーケーはサンスクリット語で(リンガボラー)と呼ばれています。クメール語でシヴァ神の都市という意味です。
強大な(シヴァ神と奥様)シンボルは男女を表されています。
➖シエムリアップ市内から東北へ約122キロあります。車でおよそ2時間ほどに2時間ほど要(よう)します。

[コーケー 歴史]
➖建築年代=928年〜944年
➖建築者=ジャヤバルマン4世王
➖信仰 =ヒンドゥー教(シヴァ神)
➖建築様式=コーケー様式

➖コーケー遺跡群はプレアヴィヘア州に位置してあります。
➖81平方キロの面積があります、10 世紀ごろのジャヤバルマン4世王によって108ヶ所の寺院を建造されました。

➖コーケー遺跡群の有名なプラサート トムピラミッド型で高さが36メートルに及びます。
➖また、木造階段が敷設されていますので階上からは記念に残る美しい風景がみられます。

[コーケー遺跡と内戦時代について]
➖20世紀、フランス植民地当時、歴史学者により遺跡は修復されました。
➖盗難にあう石像もありましたが1920年にはプノンペン国立博物館に石像は展示されました。
➖1969年ベトナム戦争の影響でカンボジアに内戦が勃発され、遺跡を破壊されました後に残されてます。

[コーケー遺跡観光について]
➖世界遺産候補になり、日本の支援をえて建設された学校が
2002年観光地と話題になったコーケ遺跡郡のコーケ村にあります。
@@@@見学時間@@@@
午前6時〜午後5時30分
## 入場券🎟$10
***************************************

初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath

アンコールワット個人 ツアー(119)カンボジア 個人ガイド[バッタンバン観光] バッタンバン ガイド [バンブートレイン ツアー]

カンボジア 個人ガイド

f:id:bunrath:20170329100950j:image

カンボジア 個人ガイド

バッタンバン ガイド

バンブートレイン ツアー

f:id:bunrath:20170329101117j:image

カンボジア 個人ガイド

バッタンバン州のバンブートレイン ツアー

f:id:bunrath:20170329101208j:image

シエムリアップ〜バッタンバンのロード

f:id:bunrath:20170329101253j:image

バッタンバン ガイド

バンブートレインの観光ツアー

f:id:bunrath:20170329101331j:image

バッタンバン観光名所

バンブートレイン

f:id:bunrath:20170329101408j:image

カンボジア 個人ガイド

カンボジアの鉄道

f:id:bunrath:20170329101440j:image

カンボジア 個人ガイド

バッタンバン州のバンブートレイン

**********************************************

[バッタンバン州のバンブートレイン]
カンボジアの観光情報 [バッタンバン観光]
[カンボジア ガイド]
[バッタンバン バンブートレイン]
カンボジア 現地ガイド
バッタンバン ガイド

 

1930年から操業されたカンボジア鉄道は当時のフランス統治体制のなかで敷設された鉄道でした。
➖プノンペン南部の都市ホイペットいたる輸送力は膨大な米、農産物を諸外国へと貿易を増加させました。
➖カンボジアの米、農産物の生産力は諸外国から搾取される背景がありました。

[バンブートレインツアーの歴史]
バッタンバン州の観光
➖クメール語で
ノーリー(竹製の貨車)と呼ばれれ、農作物を運搬しました。
➖1980年内戦当時からバンプードレインは運行され、1994年から外国人観光見学ようにツアーにも組み込まれた。

[バッタンバンの名物]
➖カンボジアには農作物生産力の豊かなちいきがあります。バッタンバン地域です。タイ国境からトンレサップ湖までサンケー川がながれている地域がバッタンバッタンと呼ばれています。
➖カンボジアではこの地域でのブドウ生産に着手し、殖産化されました。

[バッタンバン市内]

➖バッタンバン市内にはカンボジアの第2都市であります。フランス植民地時代により1920年に建物を建造され、残されています。観光地となります、バッタンバン市内のレストランは美味しいクメール料理があります。
➖2016年にアメリカ人の女優さんはアンジェリーナ・ジョリーさん[彼らが最初に父を殺された]のドラマが撮影されました。
***************************************

初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fkc07@hotmail.com
メール:fukuda007@gmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath

 

アンコールワット個人ツアー(118)アンコールワット現地ガイド クバルスピアン ガイド[クバルスピアン ツアー]クバルスピアン観光

アンコールワットの観光[現地ツアー]

f:id:bunrath:20170328103044j:image

クバルスピアン ツアー

チェックポイントの付近にレストランがあります。

f:id:bunrath:20170328103127j:image

クバルスピアン ツアー

チェックポイントの付近に動物を守るセンターがあります。

f:id:bunrath:20170328103206j:image

クバルスピアン ツアー

小さな川の上に橋があります。

f:id:bunrath:20170328103243j:image

クバルスピアン ツアー

クバルスピアン滝

f:id:bunrath:20170328103309j:image

クバルスピアン ツアー

滝先

f:id:bunrath:20170328103337j:image

クバルスピアン ツアー

ビシュヌ神の彫刻

f:id:bunrath:20170328103402j:image

クバルスピアン ツアー

休憩場

**********************************************

アンコールワット現地ガイド

[クバルスピアン ツアー]

クバルスピアン ガイド

 クバルスピアンはクレーン山国立公園に位置しています。市内から東北へ約50キロ、車で1時間程かかります。

 クバルスピアンはアンコールワットのチケットを使用します。入場券の販売は現地にはなく、事前にシェムリアップ市内で購入しなければなりません。

[クバルスピアンの観光情報]

 チェックポイントの近くに外国人の野生動物保護センターがあります。
 午前は9時までに到着すると見学することが出来できます。9時5分を過ぎると、残念ながら見学することは出来ません。入場料は$3です。動物を見たい方は遅刻しなようにお願いします。

 クバルスピアンは往復3km程の山道を歩きます。その間、トレイはありません。トイレはチェックポイントのところのみです。虫スプレーも必要です。

[クバルスピアンを歩く]

 クバルスピアンを歩き始めると、最初に小さな川の上に古いの木造の橋があります。この橋は歩くときは注意して下さい。新しい橋作りの計画はないそうです。

 雨が降らなければ、歩きやすいです。

 滝までに歩く間に休憩所は3ヶ所あります。

 クバルスピアンの3ヶ所目の休憩場近くには飲み物売り場があります。コーラやビールなどを売っています。

[クバルスピアンの彫刻]

 クバルスピアン川の中には150m程の彫刻があります。撮影スポットです。写真撮影を楽しんでください。地元の皆さんはこの地を神聖なる場所として観光に訪れます。
***************************************
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath

アンコールワット個人ツアー(117)アンコールワット現地ツアー プラダック村の観光[カンボジアの文化研究書]一ノ瀬泰造さんのお墓

アンコールワットの観光[現地ツアー]

f:id:bunrath:20170327091713j:image

アンコールワット現地ツアー

プラダック村の田んぼ

f:id:bunrath:20170327091806j:image

アンコールワット現地ツアー

プラダック村の風景です。

f:id:bunrath:20170327091927j:image

アンコールワット現地ツアーのおすすめ

プラダック村

f:id:bunrath:20170327092018j:image

アンコール世界遺産より

プラダック村の観光

f:id:bunrath:20170327092115j:image

プラダック村の観光おすすめはヤシの木

**********************************************

アンコールワットの観光おすすめ[カンボジアの文化研究会]
[カンボジアの文化研究書]
[プラダック村の観光]
(
➖プラダック村はアンコール国立公園内に位置しています。シエムリアップ市内から東北へ約17キロにあります。
➖撮影におすすめしたいのは途中にあるカンボジアの農田風景です。
カンボジア風情の
のどかな田園風景をカメラに収めてください。


[プラダック村の歴史]
一ノ瀬泰造さんのお墓

➖アンコール時代の西バライ[貯水池]の中には村があります。高床式の家に暮らしています。
➖1973に佐賀県ご出身のジャーナリストカメラマン一ノ瀬泰造氏は不慮にポル・ポト軍に殺害されました。彼の慰霊碑がのこされています。ご両親が遺骨を1991年に日本に納骨されました。
慎んで哀悼の意を捧げます。

[プラダック村の生活]
➖プラダック村の方には農家が多いです。1995年よりアンコールワットの日本人の観光に訪れた際は村人がお土産を作って、観光客に売って来ました。

➖農作物のカンボジア名物のココナッツの実や、バナナを農家の出店で販売しています。

➖地元民のおすすめにはカンボジアの伝統的なうどん[ノームバンチョック]が人気です。

 

 

アンコールワット個人ツアー(116)カンボジアの観光おすすめ[カンボジア現地ツアー手配] ベンメリア ツアー [コーケー ツアー]プレアヴィヘア ツアー

カンボジアのアドベンチャーツアー

f:id:bunrath:20170326120700j:image

シエムリアップ郊外にてワットクーサック小学校

f:id:bunrath:20170326120832j:image

シエムリアップ郊外にて赤飯を売っている。

f:id:bunrath:20170326120922j:image

ベンメリア遺跡

f:id:bunrath:20170326121002j:image

ベンメリア遺跡の付近にておすすめのレストランベンメリアキチン

f:id:bunrath:20170326121052j:image

コーケー遺跡のピラミッド型寺院

f:id:bunrath:20170326121157j:image

プレアヴィヘア市のアンラタナックゲストハウス

f:id:bunrath:20170326121249j:image

トマットパウイ村

f:id:bunrath:20170326121345j:image

プレアヴィヘア寺院

**********************************************

ベンメリア ツアー

コーケー ツアー

プレアヴィヘア ツアー 

 

カンボジアの観光おすすめ[カンボジア現地ツアー手配]

ベンメリア+コーケー+プレアヴィヘア世界遺産ツアー


01N2日(一泊2日)

ツアーコード [KTC05]

+++旅行日程表+++

1日目

午前

8時30分にお客様・宿泊先ロビーにお出迎え

 ツアー料金は、現金(米ドル)にて前払いでお願い致します

 シェエムリアップ郊外(wat khsak)ワットクサーク小学校を見学(日曜日の午後および7月ー8月は夏休みのため見学することはできません)

 高床式の民家を見学(家の前では赤飯を販売しています)

 ベンメリア(天空のラピュタもモデルになったと言われている)(入場料$5自己負担、コーケー遺跡の入場券$10もこちらで販売しています)

*昼食はベンメリア遺跡の近にて自分負担

午後

 コーケー遺跡群をゆっくり見学します。楽しんでください。

 プレアヴィヘア市のアンラタナックゲストハウスホテルにチェックイン

*夕食

 ホテルの外にあるロカルレストランにて自分負担

 アンラタナックホテルへ送迎

*****************

2日目

***

午前

 7時30分ホテル・チェックアウト

 ロカルレストランにて朝食(自己負担)

トマットパウイ村に見学(クイ族の伝統的な焼酎 お米の酒)高床式の住まいなの写真を撮って楽しんでください。

 プレアヴィヘア世界遺産(入場券$10自己負担)

 山に上までは別の車に乗り換えます。

*昼食

ーロカルレストランにて自己負担

 アンロンベンの旧ポル?ポト派の最高司令官のタモクの家を見学(入場券$2自己負担)

 シェムリアップ帰路

 ラッキモールのスパーマーケットを見学

 ホテルへ送迎・ツアー終了

***************************************

旅行日程を含まれるもの

 日本語ガイド
 専用車
 宿泊代(一泊)

 車内にて無料サービス(おしぼりとミネラルウォーター)

***************************************

旅行日程を含まれていないもの

 食事代

 入場券代($5、$2、$10、$10)

 飲み物代等

***************************************

お支払いは現金で米ドル

予約後の返金は出来ません。
***********************

ツアー催行人数2名様

お一人様当たり=$290

*高級車のランドクルーザもしくはレクサスを使用する場合はお一人様当たり料金は以下の通りです。
お一人様当たり=$330

**********************************************

 

アンコールワット個人ツアー(115)ベンメリア遺跡 ツアー ベンメリア遺跡の天空のお城ラピュタのモデル[ベンメリア 歴史]

アンコールワットの観光[現地ツアー]

f:id:bunrath:20170325083414j:image

ベンメリア遺跡の天空のラピュタモデル

f:id:bunrath:20170325083517j:image

ベンメリア遺跡のおすすめ彫刻はナーガの石像

f:id:bunrath:20170325083727j:image

ベンメリア遺跡の中で美しいの観光スポット

f:id:bunrath:20170325083824j:image

ベンメリア遺跡のラピュタを感じる

f:id:bunrath:20170325084002j:imagef:id:bunrath:20170325084052j:image

ベンメリア遺跡のリンテル

f:id:bunrath:20170325084202j:imagef:id:bunrath:20170325084202j:imagef:id:bunrath:20170325084300j:image

ベンメリア遺跡の静かなスポット

f:id:bunrath:20170325142812j:image

シエムリアップ市内からベンメリア遺跡までの地図

f:id:bunrath:20170325142904j:image

ベンメリアキチンレストランはベンメリア遺跡まで7kmにある。

**********************************************

ベンメリア遺跡ツアー

ベンメリア遺跡の歴史

ベンメリア ツアー

ベンメリア遺跡 個人ガイド

ベンメリア ガイド

[ベンメリア 歴史 ]

 

 

ベンメリア遺跡の天空の城ラピュタのモデル
[アンコールワットの観光情報]
@ベンメリ歴史のハイライト
➖建築年代=12世紀始め
➖設立者=スーリヤバルマン2世
➖信仰 =ヒンズー教 [ビシュヌ神]
➖建築様式=アンコールワット様式
**********
@回廊の面積
➖王朝の主要な記念碑である。アンコール・ワット遺跡よりも小さく、クメール帝国の大きな寺院の間に位置しています。寺院の外壁を型造るギャラリーは181m×152mです。
➖お外堀の面積
➖東西は1025m と南北875m
*ベンメリアのクメール語で
ベン=沼(池)の意味
メリア=ハスの花
ベンメリアはクメール語で言うとハスの池の意味がある。
***********

[ ベンメリア遺跡の天空のお城ラピュタのモデルになっており]

➖D'apres Leon de Beylie(1849-1910)
フランス歴史学者ーは ベンメリア遺跡を調査し遺跡へたどり着く地図と道をつくり、彼が天空ベンメリア遺跡を天空ラピュタのモデルにされたといわれています。

➖遺跡近くで暮らす人々は樹林でおおわれた遺跡には野生動物も多くちかずけなかった。
*****

[内乱によるベンメリア遺跡]
➖1970年に内戦において、遺跡は破壊されました。
➖1980年に遺跡の中で軍隊の基地になっており、その当時は地雷をうめていた。
➖1998 年12月28に日本語ガイド、トムと友達たちと一緒に6人はバイクに乗ってきました。道路が無いために牛車、道を通ると道路沿いに地雷が見えました。
++++
[観光スポットと安全なところ]
➖1999年には地雷を撤去されていた。
➖2001年にアメリカの[トゥームレイダー]の映画が撮影されました。その影響でアンジェリーナ・ジョリーさん(アメリカの有名女優さんは)はベンメリアのお城ラピュタを撮影されました。
ー現在は[カームソメット株式会社]入場券🎟を販売しています。
➖見学時間は午前6時から午後5時30分

********
[ベンメリア遺跡以外の見どころ]

➖ベンメリア遺跡の近くに砂岩ブロックの採石場にあります。砂岩の石はアンコールワットの建造の石材として使用されています。
➖地元民の高床式の民家と普通の生活等の観光を楽しんでいただきます。
➖雨季には田んぼの景色が写真に撮れます。
***************************************

アンコールワット個人ツアー(114)アンコールワットの観光情報[プノンバケン サンセット ツアー] アンコールワット 夕日 スポット

アンコール遺跡の夕日鑑賞スポット

f:id:bunrath:20170324033534j:image

プノンバケン サンセット ツアー

f:id:bunrath:20170324033615j:image

アンコールワットの観光情報[プノンバケン サンセット ツアー]

f:id:bunrath:20170324033649j:image

プノンバケン サンセット ツアー[プノンバケン寺院の中央祠堂]

f:id:bunrath:20170324033750j:image

3月のプノンバ ケン サンセットは6時10分

f:id:bunrath:20170324033833j:image

[プノンバケン サンセット ツアー]

**********************************************

[アンコールワット 夕日 スポット ]

 

アンコールワットの観光情報 [プノンバケン サンセット ツアー]

プノンバケン サンセット ツアー
アンコールワットとアンコールトムの間に丘があり、プノンバケン丘といわれ、地域では比較的高い丘陵になっている。

@1994年ごろよりプノンバケン寺院のサンセットが話題になり、日本人観光客もこられました。
@6時10分にはサンセットを3月のアンコールワットはむかえます。
@また、プノンバケン丘よりのサンセット見学体験後は
暗くなりますので、懐中電灯が必要となりますので御携帯ください。

[プノンバケン サンセット ツアーの注意情報]

@戻るのに時間がかかりますので3時発のツアーは観光見学ができません。時間の関係から、他の見学をお勧めいたします。

[プノンバケン サンセットの思い出にのこる注目の景色が見られます]

(1)。プノンバケン丘から南方向、シエムリアップ市内とアンコールワットの五つの塔が見られていた。

(2)。東の方向はプノンクレーン山、のぞかな農村がながめられた。

(3)。北方向は緑がおおい、樹木が目にはいります。林に自然美を感じました。みどりの樹木、あまり、密林とか、ジャングルとか日本人はつかわない。

(4)。西方向はシエムリアップ国際空港、農場や西バライ遺跡がながめられ、カンボジア風情の漂うサンセット夕焼けを観賞を楽しんでいただけます。