初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。 メール:fkc07@hotmail.com メール📩 fukuda007@gmail.com 携帯=(855)6666 4567
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンコールワット個人 ツアー

皆さん、こんにちは。 私はカンボジアの観光旅行者をご案内しているトムです。 私は日本語、書くことも読むことも話すこともできます。 気軽にお知らせください。 日本の方に人気な、アンコールワット、しっかりご案内しますよ メール:fkc07@hotmail.com 電話📞(855)6666 4567

アンコールワット個人ツアー(176)アンコールワットで買い物 カンボジア ティータイム

f:id:bunrath:20170528082202j:image

アンコールワットで買い物

カンボジア ティータイム

f:id:bunrath:20170528082227j:image

 

アンコールワットで買い物

カンボジア ティータイム

f:id:bunrath:20170528082248j:image

アンコールワットで買い物

カンボジア ティータイム

=================================

アンコールワットで買い物

カンボジア ティータイム


アンコールワットに訪れたら、遺跡めぐりのほか、お土産の買い物もお楽しみください。

お土産店はマーケットや遺跡などにあります。なお、日本人が経営するお店では、カンボジアの伝統的なノームトム・ムーンというお菓子を販売しています。

アンコールワットに行く途中に大きなお店があります。

店名はカンボジア・ティータイム。スタッフ16人のなかには日本人もいますので、日本語で買い物ができます。

皆さん笑顔ではたらいています。お店の外に休憩場所があり、お茶は無料です。伝統的なお菓子づくりの体験もできます。

カンボジア・ティータイムについて

日本人が店を経営しています。商品はカンボジア製です。カンボジアの有名なコンポット胡椒も売っています。Tシャツやカンボジアのシルクなどもあります。商品には値段がついています。安心してお買い物が楽しめます。

営業時間は毎日午前9時から午後7時まで。
======================
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
===================

アンコールワット個人ツアー(175)アンコール トムの魅力 バイヨン寺院 (Bayon)

f:id:bunrath:20170527152212j:image

アンコール トムの魅力 バイヨン寺院 (Bayon)

f:id:bunrath:20170527152241j:image

アンコール トムの魅力 バイヨン寺院 (Bayon)

f:id:bunrath:20170527152309j:image

アンコール トムの魅力 バイヨン寺院 (Bayon)

=================================

アンコール トムの魅力 バイヨン寺院 (Bayon)


バイヨン寺院の魅力 クメールの微笑み

アンコール時代にはたくさんの建造物がつくられました。いまでもカンボジア全国各地にさまざまな遺跡があります。 タイの東北地方にもクメール遺跡があります。

日本人が大好きな「クメール微笑み」で知られるバイヨン寺院を紹介しましょう。

バイヨン寺院の歴史

アンコール・トム(Angkor Thom)はアンコール遺跡群の中心部です。 バイヨン寺院は12世紀末から13世紀始めごろ、大乗仏教に帰依していたジャヤバルマン7世王により作られました。


四面観音菩薩像が49体あります。ピラミッド型に設計された寺院です。中央祠堂の高さは45メトールあります。

13世紀末にヒンズー教に変わったとき、仏像が破壊されました。

バイヨン寺院と日本人チーム

カンボジアでは1970年から1991年までの内戦でアンコール遺跡が破壊されました。1994年に日本の早稲田大学と山本ユネスコ及び日本外務省がバイヨン寺院の修復を担当しています。

なお、日本人チームがバイヨン寺院で修復を担当したのは、両方の図書館とバイヨン寺院のレリーフの浮き彫りです。 2000年1月11日には日本当時の首相小渕恵三さんがバイヨン寺院を訪れました。

バイヨン寺院は11時から12時30分ごろ観光客が比較的少ない時間帯に、静かに見学ができます。
===========
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
===================

アンコールワット個人ツアー(174)バッタンバン観光ツアー情報

f:id:bunrath:20170526082606j:image

バッタンバン観光ツアー情報

f:id:bunrath:20170526082639j:image

バッタンバン観光ツアー情報

f:id:bunrath:20170526082710j:image

バッタンバン観光ツアー情報

===========

カンボジア・バッタンバンでバンブートレインのほか古い民家を見る

バッタンバン観光ツアー情報

バッタンバン州は日本の皆さんにも知られていますが、1928年の国鉄が残されています。

クーメル語で「ノーリー」というバンブートレインは楽しい観光ツアーです。

バッタンバンでバンブートレイン以外のおすすめ

バッタンバンは20世紀のタイの影響を強く受けています。20世紀のバッタンバンの地方特別政権時代の古い民家が22ヶ所に残されている。ほとんど木造建築ですが、100年の歴史を経ています。一般的な市民の家は30年ほど住んでから新しい家が作られます。バッタンバンのワットコー村にはその時代の政府の公務員たちが住んでいた家が残されています。観光名所になっており、見学は無料ですが、寄付(約$1)をお願いしています。

バッタンバン観光のおすすめ

バッタンバンはアンコールワットほどたくさんの遺跡がある地域ではありません。小さな遺跡は5ヶ所あります。アンコールワットよりずっと小さいので、見なくてもよいかもしれません。ブドウ農園は無料で見学ができます。グレープジュースを販売しています(1杯6000リエル、約$1.50)。

日本の皆様へ

遺跡以外の新しい観光名所としてのバッタンバンでのおすすめは、バンブートレインのほかバッタンバン博物館、古民家、ブドウ農園、オレンジ畑などをご案内いたします。
===========
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
===================

アンコールワット個人ツアー(173)アンコールワットとヤシの木

f:id:bunrath:20170525085528j:image

アンコールワットとヤシの木

f:id:bunrath:20170525085546j:image

アンコールワットとヤシの木

f:id:bunrath:20170525085613j:image

アンコールワット観光ガイド

======================

アンコールワットとヤシの木

アンコールワットの魅力

ヤシの木

アンコールワットの付近に昔から現地でも村があります。

アンコールワット西門(正門)にある大きな池の周辺に、ヤシの木があります。

カンボジアでは、ヤシから砂糖が作られます。ヤシの木は植えてから8年になると実がなります。

アンコールワット参道とヤシの木

アンコールワットの外堀から参道を入ると、正門から第一回廊まで350メトールがあります。ナーガと言う大蛇の石像が並んでいます。高さ15メトールほどのヤシの木がたくさんあります。

アンコールワットの第三回廊に登り、上のほうから参道を見渡すとヤシの木とナーガの彫刻の眺めがとても素晴らしいです。

アンコールワットの第一回廊とヤシの木

カンボジアのヤシの木 [英語でpalm sugar tree ]からつくるお砂糖の工場があります。

アンコールワットの第一回廊近くに高さが35メートルのヤシの木があります。アンコールワットの観光ツアーでは、建物全体とともにヤシの木が魅力的な世界遺産の一部をなしています。

自然と世界遺産が堪能できる観光ツアーです。
===========
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
===================

アンコールワット個人ツアー(172)アンコールワットの正門修復

f:id:bunrath:20170524103558j:image

アンコールワットの正門修復

f:id:bunrath:20170524103617j:image

アンコールワットの正門修復

f:id:bunrath:20170524103633j:image

アンコールワットの正門修復

===========

アンコールワットの正門修復

アンコールワットの西参道が日本人チーム(上智大学)の協力で修復され、歩道橋が2017年5月25日から使用されると、寺院の保護と開発を担当するアプサラ構が発表しました。

アンコールワット歩道橋技術者

アンコールワット世界遺産は日本人チームが修復を担当しています。

カナダ人チームは歩道橋を担当しました。日本人チームは西正門の修復が完成すれば歩道橋が使用できるようになると発表しました。

不動橋の設計

歩道橋は長さ170メトール、幅8メトールです。安全な端にするための工事をカナダ人チームを行いました。一度に100人から1000人まで渡ることができるそうです。

歩道橋を渡りながら、アンコールワットの外堀の素敵な写真を撮影することができるでしょう。
======================
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
===================

アンコールワット個人ツアー(171)シェムリアップ屋台で朝食

f:id:bunrath:20170523204309j:image

シェムリアップ屋台で朝食

f:id:bunrath:20170523204330j:image

シェムリアップ屋台で朝食

======================

カンボジアでシェムリアップ屋台の朝ごはん

シェムリアップ屋台で朝食


シェムリアップ市内ホテルの朝食は西洋風とアジアン風バイキングが多いです。
カンボジア人の朝ごはんは屋台が人気です。

現地のおすすめ朝ごはんはフランスパン
現地の朝ごはんは中華風の肉まんがよく食べられる、肉まんの餡子は豚肉他はサツマイモがあります。
肉まんは1500リエルから3000リエルまで、あります。日本円で約40円から80円くらいです。
約フランスパンは約3000リエル大体80円くらいです。

カンボジア伝統的な朝ごはん
カンボジアは淡水の魚はよく食べる習慣なんです。
お粥と焼き魚が人気なんです。
ポル•政権より共同生活と強制労働時代はお粥しか主食とされなかった。。だから70年代のカンボジア人の方はお粥が嫌いと思います。
悲しい内線の時代はお粥しか主食とならなかった時代がカンボジアにはありました。
===========
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
===================

アンコールワット個人ツアー(170)カンボジア農業ツアー1日コース

f:id:bunrath:20170522080250j:image

コーケー胡椒畑

f:id:bunrath:20170522080313j:image

コーケー胡椒農園

f:id:bunrath:20170522080335j:image

コーケー胡椒農園

f:id:bunrath:20170522080401j:image

コーケー胡椒農園

======================

遺跡のほかに、コーケー胡椒畑観光ツアー

カンボジアでシェムリアップとコーケー胡椒畑

カンボジア農業ツアー1日コース

日本の方々には珍しい風景を紹介します。

最近はシェムリアップ郊外とプレアヴィヒア州及びコーケー胡椒が観光スポットが人気になっております。

農園と胡椒畑観光のおすすめコース 午前 7時宿泊先ロビーでお客様をお迎えします。  

料金は現金(米ドル)で前払いになっています。

シェムリアップ郊外プノンクーレンの風景のなかにあるドラゴンフルーツ畑を見学。 7月8月にドラゴンフルーツの実を収穫するので、味わってみるとよいでしょう。

-クーレン山付近の胡椒農園を見学することが出来ます。オレンジ側が興味があれば見学することができる。

-コーケー近くのスラヤン村にて大きな胡椒農園を見学します。収穫の際、記念撮影ができます。

胡椒は収穫するときは黄色と緑色ですが、天日干すると黒色になります。

胡椒農園が新しい観光ツアーのおすすめです。日本語ガイドのブンラット・トムが毎日、個人ツアーを手配しています。

シェムリアップ観光ツアーのおすすめ

胡椒農園 コーケー遺跡群と胡椒農園のコースは新しい観光ツアーコースです。

遺跡と農園コースは、午前は胡椒農園、午後は遺跡と、どちらも見てください。ご案内いたします。

胡椒農園は経営者が丁寧にご案内してくれます。

是非来てみて下さい。
============
初めまして、日本の皆さん、カンボジアに住んでいるトムです。 日本語、書くことも、話すこともできますよ。 是非、遊びに来てください。お待ちしています。
ご連絡先
メール:fukuda007@gmail.com
メール:fkc07@hotmail.com
ラインID=ブンラット トム
Skype: tom.bunrath
携帯📱(855)6666 4567
=============================